事業領域

エクステリア事業

“憩いの場となる空間のご提案”

当社のスタッフはコンシェルジュです。弊社スタッフがコンシェルジュとして皆様に建物の顔ともいえるエクステリア(外構)空間をお客様の感性と各アイテムの良い点を合わせた創造性豊かな憩いの場となる空間をご提案いたします。そして、新築外構・リフォーム外構・パブリックスペース(公共空間)問わずお客様のご予算、趣向、機能性且つ安全性を重視した世界にたった一つのガーデンライフ、何よりも皆様にとっての大事な空間となるように、経験豊富なコンシェルジュがお客様目線でご提案させて頂きます。また、地球環境問題へも配慮した長年使用できるアイテムもご提案させて頂き、それが私たち㈱林田順平商店を取り巻くお客様、仕入先様(海外メーカー)が出来る身近なECO活動となり、WIN-WIN-WIN-WINの関係が構築できることと捉え、未来に繋がる社会貢献活動も私たちコンシェルジュの望みです。

-エクステリアとは-
建物の内部(インテリア)と同じく重要視される要素であり建造物をドレスアップさせる役割も有り
機能性、娯楽性、耐久性、装飾性など皆様の想いを表現できる空間をエクステリアといいます。

商品紹介サイト(エクステリアワン)はこちら


建材事業

“多彩な販売チャンネルを活かして”

建築に関わるすべての資材(木材、土木、建築、装飾、木工、家具関係、2×4材、OSB構造用パネル、針葉樹、ラワン、シナ、型枠塗装の各種合板、集成材、建材、輸入建材、新建材各種メーカー、住宅設備機器他)の安定供給を図り、建設業界、住宅産業に貢献しております。
私たちは、さまざまな角度から販売店様、工務店様、お施主様へ最短での情報提供や仕様のご提案、現場配送に至るまで徹底的にサポートさせて頂いております。

これからも時代の変化を常に先取りし、住宅及びそれらを取り巻く環境下で必要とされる商品・サービスを探求し、タイムリーにご提供できるよう取り組んで参ります。単なる流通業者でなく、弊社独自の直輸入商材も扱っており、林田順平商店に尋ねれば常に『何でも揃う』『何でも分かる』をスタッフ全員で追求し、顧客満足度を高め、より高いサービスを目指し続けることが建材事業部の取組みです。

商品紹介サイトはこちら


不動産賃貸事業

林田グループでは1972年より大阪府内で不動産賃貸事業を開始し、現在では堺市美原区および岸和田市において総面積約1万坪(阪神甲子園球場約1個分)の土地を保有しております。

単に土地のみの賃貸事業に留まることなく、それらの土地に29棟に及ぶ倉庫を保有しており、主なテナント様として株式会社日新様、ダイキンシートメタル株式会社様、日本フッソ工業株式会社様、ジャパンパレック株式会社様等、多方面にわたる企業様に弊社保有倉庫をご利用頂いております。

そしてそれら企業様向けの賃貸倉庫とは別に、堺市内にはワンルームマンション1棟(40戸)、およびハイツタイプを2棟(4戸)保有しており、これらを合わせた不動産賃貸収入事業が林田グループの安定収益を構築し林田グループの安定基盤となっています。

今後も各倉庫のメンテナンスを行いながらテナント様に末永く快適にご利用・ご活用頂けるよう、そしてまた、テナント様との信頼関係をより一層築いていけるよう安定したサービスを目指して参ります。


海外事業

林田グループの海外事業は、米国トヨタ自動車様をはじめとする各関連企業様に対するお住まいのサプライヤーとして、1987年米国マサチューセッツ洲ボストンでのコンドミニアムの購入をきっかけに始まりました。

現在では、林田グループの一社でもあるHAYASHIDA INTERNATIONAL, INC. 及びPEGASUS INVESTMENT, INC. が運営しており、HAYASHIDA INTERNATIONAL, INC. が米国ケンタッキー州レキシントン、ノーザンケンタッキー、ミシシッピ州、インディアナ州シーモアにおいて、PEGASUS INVESTMENT, INC. が、ウェストヴァージニア州において、日本人の出向者向けに約45件の住宅のリースを行っております。

海外赴任が決まった後、出国までに日々の業務と並行して良い物件を探すことは困難な場合が多くあります。当社は、トヨタ自動車様のオフィシャルサプライヤーとして、日本語サポートを含め、日本人の生活様式に合った暮らしができるようお手伝いさせて頂いております。

今後も、テナント様に米国での充実した生活を送って頂けるようスタッフ一同、更なるサービス向上に努めて参ります。

海外事業のページはこちら